2018年8月14日
  • 一般社団法人さいたま市地域活性化協議会

代表理事挨拶

一般社団法人さいたま市地域活性化協議会は、埼玉県さいたま市地域においての活性化を目的とした法人です。

埼玉県さいたま市は、人口約129万人という政令指定都市であり、人口減少社会に突入した日本において、今でも人口が増えている珍しい都市です。東京にも近く、交通の便も電車・道路ともに良いと思います。

そのような街においても、課題感は当然にあると思いますし、また、いずれかのタイミングでは、埼玉県さいたま市も人口減少フェーズに入ることと思います。

代表理事の私も、他の理事も、埼玉県さいたま市で生まれ育ち、または、現在住んでいて、それぞれ自分の会社を経営していたり、自分で活動をしている人たちです。

今まで地域の活動はそれぞれの会社や個人として活動していましたが、株式会社や個人の任意団体と、一般社団法人やNPO法人では、貢献できることが異なると感じるようになりました。

そこで、さいたま市の地域活性化を考えることに特化した一般社団法人を作ることで、より地域活性化の分野に取り組みやすくなればという想いから、2017年9月に法人を設立しました。

一般社団法人設立に至った経緯や、今後の取り組みは、スライド資料にまとめました。もし良ければご覧ください。構成メンバーも20代から50代と幅広く、中心は30代・40代、代表理事の私も30代ですし、このような一般社団法人としては比較的若い組織だと思います。そのようなメンバーで、埼玉県さいたま市において、ソーシャルインパクトを出せるような活動をしていければと考えております。

これからの一般社団法人さいたま市地域活性化協議会の活動をぜひご覧ください。今後ともよろしくお願い致します。

一般社団法人さいたま市地域活性化協議会
代表理事 星野邦敏